禁煙外来ですぐ禁煙!
禁煙外来を受ける女性と相談に乗る医者

今はお医者さんのサポートを受けて、簡単に禁煙できる時代です。

漢方や禁煙外来にかかった治療費助成

禁煙外来は、たばこを止めたい人に向けて作られた、日本における専門外来の科目です。
条件を満たす喫煙者には、健康保険の保険適用がされ、精神面でも禁煙支援や、ニコチン置換両方などによって禁煙法を行います。
以前は、禁煙にかかる費用は、すべて自由診療だったため、全額患者負担でしたが、2006年から一定の基準を満たす患者には、保険の適用が認められるようになり、ニコチン依存症管理料やニコチンパッチなどが保険適用されるようになりました。

禁煙が続かないのは、意思が弱いわけではなく、たばこに含まれるニコチン依存が原因です。
昨今、喫煙によるがんや、循環器疾患、呼吸器疾患などの発症リスクを予防するために、医師の相談を受けながらの禁煙外来治療が広まっています。
禁煙外来の治療は、12週間で5回の診察を受けます。
診察にいくと、喫煙状況から健康保険などで治療が受けられるかを診断し、禁煙補助薬の処方を受け、息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定するなど、医師と一緒に禁煙を行います。
現在は健康保険を使って治療を受けれるようになったので、13000円~20000円程度と手頃な値段で受診することができます。また禁煙治療費助成制度を実施している自治体もあり、禁煙外来や漢方などの薬局にかかった自己負担額を助成してくれる、禁煙支援を行っているところもあります。

漢方薬で禁煙ができるわけではありませんが、イライラを抑えることができる漢方があります。
また電子タバコなどを試してみるのも良いかもしれません。電子タバコはにおいの付いたリキッドを熱して、排出された蒸気を吸引する器具です。たばこのようにニコチンやタールが含まれていませんから、たばこよりは健康的ですし、禁煙時の口寂しさを紛らわすことができるのでおすすめです。

今度こそ禁煙を成功させると思う方は、禁煙外来治療費助成制度を利用して、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。