禁煙外来ですぐ禁煙!
禁煙外来を受ける女性と相談に乗る医者

今はお医者さんのサポートを受けて、簡単に禁煙できる時代です。

病院の禁煙外来で治療して禁煙に失敗する理由

病院の中には色々な診療科が有りますが、最近は禁煙外来と呼ばれる診療科を持つ病院施設が増えています。

禁煙外来と言うのは、自分一人の力だけでは禁煙が出来ない人が通院する事で、禁煙治療を行って煙草を止める事が出来ると言った診療科なのです。

禁煙は煙草を吸っている期間が長かったり、1日の本数が多くなるほどニコチン依存が高くなると言われています。
そのため、禁煙を試みたけれども、ニコチン依存により失敗に終わるケースが多いのです。

煙草は喫煙の欲求が高くなる事で煙草を手に持ち、火をつけて一服すると言った愛好品で、煙草を1本吸う事でニコチンが体内に充填されるので満足感を味わえます。
しかし、ニコチン成分は時間とともに身体から減少してくるので、ニコチンの欲求が高くなり、再び煙草を吸いたくなると言うのがニコチン依存です。

禁煙を開始すると、このニコチン依存が高くなるので、煙草を吸いたい欲求が多くなり、イライラしたり物事に集中できないと言った症状を引き起こし、これを我慢できない状態になると再び煙草を吸ってしまい、禁煙に失敗してしまうのです。

禁煙外来では禁煙補助剤を利用して治療を進めていきますが、禁煙補助剤はニコチンが含まれているものと含まれていないものが在ります。
ニコチンが含まれていない禁煙補助剤にチャンピックスと呼ばれる医薬品が有りますが、この薬を服用する事で脳内物質の一つでもあるドーパミンを分泌させる作用が在り、ニコチン依存を引き下げてくれるのだと言います。

しかしながら、チャンピックスを服用しても禁煙に失敗してしまうケースが有ります。
これは途中で通院を止めてしまったり病院の医師のアドバイス通り治療を行わない場合などが失敗してしまう理由と言われているのです。